男目線から見る子育てブログ始めました/きっかけ・目的・着地点・ちょろい・楽しよ

ブログ運営

私のブログでは、主に男目線での子育てについて記載していきますが女性目線でもでもわかりやすく共感してもらえるよう、努めて参りますのででどうぞご観覧のほどよろしくお願いいたします。

そこで今回は、初めての記事となりますのでブログを始めたきっかけうんぬんを記載していこうと思います。

スポンサーリンク

きっかけ

結論自由が欲しかったからです。

我が家には平成29年8月に長男が産まれ、令和元年9月に長女が産まれました。

長男は第一子ということもあり、子育てに対する不安や子供に対する期待をする日々を送っていました。

首が座ったり、初めての寝返り、はいはいやつかまり立ちなど日々成長する息子がとても愛おしくてしょうがなかったです。

そこで、ある疑問が生まれました。

私の家庭は共働きであり、妻が育休をとっていた状況です。私が仕事に行っている間に初めての寝返りやつかまり立ちなどタイムリーに妻からLINEが送られてきました。

情報をもらう度ににやにやしておりました。

「いや、待て?」自分のなかである疑問がよぎりました。

何で自分の子供なのその瞬間を見届けられないのかと・・・。

目的

ずばり、ブログを始めた目的はブログ収入を得る為です!

お金の話は嫌らしいと思う方は多いかと思います。

なぜか。

義務教育で習ってこなかったからです!

お金の勉強には①使い方②稼ぎ方③貯め方④守り方等々

パッと思いつくだけでもいくつも出てきます。

私はここの②稼ぎ方 いわゆる副業としてブログをはじめてみました。

着地点

夢の話かもしれませんが、ブログ収入で生計を立てること!です。

これが実現できれば、①時間に縛られない②場所に縛られない と感じた為です。

そう、わが子のすぐそばで仕事ができる!そう思いました。

とは言え、収入が上がるまでにはかなりの時間を要するだろうし、そもそもどんどん成長していくだろうし、これから初めての瞬間を目の当たりにするのは、ほとんどないだろうとは思いますけどね。

けど、子供達にこういう人生もある!という親父の背中を見せたいと思います。

私が感じた寂しい瞬間を味あわせない為にも、ブロガーを職の一つの選択肢として持ってもらえるように継続していこうと思います。

子供にブロガーになれ!という親も変だと思いますが・・・w

ちょろい

「子育てはちょろいで」と、某大物司会者さんが昔の番組で発言しているのをYou tubeで見ました。

率直に度胆を抜かれましたw

いやいや、ウソだろ、ってマジで思いました。

以下、大物司会者さんが言っていたことです。多少要約してます。

❝子どもは押し付けたもの皆嫌いになる。押し付けられたらSOSを出す!

だからこうなってほしい、と思ったらその環境に身を置き、大人が楽しんでる様子を見せればいい。❞

と言ってました。なるほどなと思いますよね。

まだ2歳の息子に対して御飯を食べなさい、とかお風呂にはいりなさい、とか親の権利を使って子どもにふるってしまいますがそういうことも違うことなんだなと思います。

もちろんしつけという意味ではそういう言葉が必要なこともあるでしょうけど。

 

楽しよ

子育てに対する考えをプレッシャーと考えるのではなく、いかに楽して子育てをしていこうというマインドコントロールをして実行していこうと思います。

私が思う「楽」とは、様々なガジェットを利用しAI等を屈指して少ない手数で我が子に大きく手をかけること、これが私の子育てに対する「楽」の理念です。

まとめ

自由を手にする為にブログを開設しました。

子育てをしていくうえで、子供達の成長を近くで見守りたい!そんな思いでブログにたどり着きました。

副業として収入を得て生計をたてるのが最終の目的であり着地点です。

これが実現すれば子供達に寄り添って仕事ができると思ったからです。

自由な時に自由な場所で仕事ができると。

子育ては大変!そんな概念をとっぱらうべく、いかに「楽」して子育てをしていくことを切り口にブログを書いていきますのでどうぞこれからお付き合いください。

この記事を書いた人
namupapa

平成元年生まれ 二児の父親
商工会議所の職員であり補助金や助成金の情報は比較的強い。
スノボに明け暮れた20代からお酒をたしなむ30代になった。
2019年から投資を始め、しだいにお金分野とビジネスの分野を中心に勉強する機会が増えた。そのアウトプットの場として2020年よりブログを書き始めた。
起業に向けて地盤を固めつつ、日々実証実験を繰り返している。
保有資格:経営指導員(県家資格)・FP3級

namupapaをフォローする
ブログ運営
スポンサーリンク
シェアする
namupapaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました